Hold the Mirror up to nature いまアートの鏡が真実を映す。

アーティスト

内田繁_10×10

内田 繁

Shigeru Uchida

1943年横浜生まれ。 日本を代表するデザイナーとして住・商空間、家具、工業デザインから建築、地域開発に至る幅広い活動を国内外で展開。毎日デザイン賞、芸術選奨文部大臣賞、紫綬褒章、旭日小綬章など受賞歴多数。専門学校桑沢デザイン研究所所長を歴任。 代表作に山本耀司のブティック一連、ホテル イル・パラッツォ、神戸ファッション美術館、茶室「受庵・想庵・行庵」、門司港ホテル、ザ・ゲートホテル雷門他。メトロポリタン美術館、サンフランシスコ近代美術館、モントリオール美術館、デンヴァー美術館等に永久コレクション多数。著書に『プライバシーの境界線』『日本のインテリア全四巻』『インテリアと日本人』『家具の本』『普通のデザイン』『戦後日本デザイン史』他。


1階エントランス THE MIRROR作品について/清水敏男

受付周辺のデザインは内田繁デザイン。
 
 

2階

作家名: 内田繁
銀座の喧噪のなかにおりたった茶室。茶室は少々の決まりごとで、宇宙の中にただよう空間へと変貌する。日本はこうした決まりごと=記号にあふれている。日本の文化は海に守られた閉鎖空間で培われてきたもので、共同体のメンバーは記号を共有してきた。《茶》はその精華といえるだろう。
 


 

地蔵院卓

立礼「地蔵院卓」
Ryurei “Jizo-in Jyoku”
2007
撮影:平井広行  HIROYUKI HIRAI

http://www.uchida-design.jp/index.html