Hold the Mirror up to nature いまアートの鏡が真実を映す。

アーティスト

松岡正剛photo : Bishin Jumonji

松岡正剛

Seigo Matsuoka

雑誌『遊』編集長、東京大学客員教授、帝塚山学院大学教授を経て、現在、編集工学研究所所長・イシス編集学校校長。日本文化、芸術、生命哲学、システム工学など多方面におよぶ思索を情報文化技術に応用する「編集工学」を確立。執筆・講演・企画・構成・プロデュース・監修・演出などを数多く手がける。また、日本文化研究の第一人者として、「日本という方法」を提唱し、独自の日本論を展開している。 2000年2月から連載中の壮大なブックナビゲーション「松岡正剛の千夜千冊」は、300万アクセスを超える。 2009年〜12年、丸善・丸の内本店内に、書店「松丸本舗」をプロデュース、大きな話題となった。平城遷都1300年祭「日本と東アジアの未来を考える委員会」幹事長、「クール・ジャパン官民有識者会議」座長代理ほか、モデレーターとしての仕事も手がけている。 著書に『知の編集術』『知の編集工学』『情報の歴史』『日本流』『日本数寄』『フラジャイル』『遊学』『空海の夢』『花鳥風月の科学』など多数。


5階 THE MIRROR作品について/清水敏男

チベットのタンカはこの展覧会に必要不可欠な作品だ。この作品は過去、現在、未来の仏が描かれており、THE MIRRORに時間軸的広がりを与える。四川省の山奥にあるチベット仏教覚嚢派の画僧が描いたものだ。作品解説を付す。
《作品の中央は釈迦牟尼(しゃかむに)である。サンスクリット語(梵:शाक्यमुनि)の音読みからつけた。 釈迦は彼が出家する前の部族名で、牟尼は聖者・修行者の意味。彼は自分が苦行をして、世の中全ての人々に慈悲深く、善良に接することが人生の真理だと主張していた。
右側の燃燈仏(ねんとうぶつ)は、釈迦が前世で儒童梵士と呼ばれ修行していたとき、未来において、悟りを開き釈迦仏となるであろうと予言した仏である。
左側は弥勒菩薩(みろくぼさつ)である。弥勒は音写であり、「慈しみ」を語源とするため、慈氏菩薩(”慈しみ”という名の菩薩)とも意訳する。
三世仏の周囲は釈迦仏陀の弟子たちである。瑪哈嘎拉護法、 四天王(持国天、増長天、広目天、多聞天)、大鵬金翅鳥等は三世仏の意志を伝承し、三世仏の身を守っている》
 
宮脇晴は名古屋の画家である。1917年に名古屋で岸田劉生の絵画展があり、感化された画家たちが愛美社という団体を立ち上げた。宮脇晴はわずか15歳で参加した。この作品は1919年画家が17歳のときの作品である。高橋由一の凝視する目が岸田をつうじて宮脇につたわっている。デューラーの伝統も感じられるだろう。
 
李禹煥の作品の点が、いかに厳しい点であることか。ここには時間軸とは関係ない、絶対的な時空である。
中西夏之は背後に宇宙のパワーを感じて作品を描くという。この絵の鑑賞者は背後にタンカの存在を感じるだろうか。
 
中央のアニッシュ・カプーアの彫刻は、全宇宙を映し出し、そして飲み込む。
このフロアーには松岡正剛のブックウエアがある。
知の集積そして知の編集はTHE MIRRORに不可欠である。《屋根裏の書斎》というコンセプトだが、この屋根裏には屋根がない。隈研吾は松岡の屋根を五色の雲にしてしまったからだ。
 
浅葉克己の部屋もまた書斎の移動である。青山にある浅葉の仕事部屋には浅葉の作品が展示され書籍がうずたかく積まれている。ここではその一部を垣間みることができる。
 
一番奥まったところに隈研吾のつくった《瞑想の部屋》がある。
五色の雲のなかに浮遊し、しばし静謐なときを過ごしていただきたい。
 

セミナー

■ ワークショップ

10/21(火) 編集工学研究所 ブックウェアDEPT.


■ ワークショップ

10/24(金) 松岡正剛


■ ワークショップ

11/2(火) 編集工学研究所 ブックウェアDEPT.

 


 

????????? 2014-08-19 10.54.23

雑誌『遊』
(編集工学研究所ホームページより)

matsumaru360_004matsumaru360_001 matsumaru360_010

松丸本舗
撮影:中道淳

works_kyodoku_gallery001

共読ライブラリー 帝京大学 MELIC
(編集工学研究所ホームページより)

http://www.eel.co.jp/